top of page

武惑戦|紺白・赤黄


梅雨まじかな6月の最初の日曜日、雨が心配されたものの強い日差しに恵まれたホームグランドに武惑さんをお迎えして交流戦を行いました。武惑さんの白パンが揃わず紺白パン15分×4本の変則ゲームとなりました。結果は1本目0対12、2本目5対14、3本目28対5、4本目12対0。合計45対31と勝利。「前半2本は、勢いのある武惑さんのペースでリードされたが人数に勝るファイターズが後半2本で逆転できた」(菊沢キャプテン)後半はメンバー総入れ替えで体力に余裕があるファイターズが勝利。写真提供シゲさん。



曇りの予報が一転好天に恵まれたホームに県内の好敵手、武惑さんをお迎えしての交流戦。結果は15分ハーフ3本(黄赤パン2本、黄パン主体1本)は黄赤パン合計7対12、黄パン主体は14対7。「今日はチーム全体で気迫負け」吉田茂氏。「負けた気がしないゲーム。課題と悔いが残る試合だった」田沼氏。開始早々密集から黄パン天春氏が抜け出し展開してトライして気が緩んだのかその後武惑さんの巻き返しにあって惜敗となった。黄主体の3本目は川越は黄赤一体となっての勝利を挙げました。写真提供シゲさん。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page